2018-04-06

金屋神社の頒布品・波佐見焼の絵馬

【商品名】
波佐見焼の絵馬(1体1,o00円)

【概要】
長崎県波佐見町「金屋神社」の頒布品

【クライアント】
金屋神社

【サポート】
株式会社 和山  代表/廣田和樹さん  デザイナー/林恵深さん
器工房 den 朝長美紀さん
波佐見町役場商工振興課 古川智子さん

【ストーリー】

波佐見町地域おこし協力隊時代の企画です。地域の皆さんに愛されている小さな神社の魅力を知ってもらいたいという願いで、窯元のデザイナー、陶芸家、役場職員の女性4人で取り組みました。モチーフは、波佐見焼を象徴するコンプラ瓶。コンプラ瓶は、出島から醤油や酒を輸出する際に使用されていた陶磁器製の瓶です。購入者には素焼きの生地に呉須で願い事を描いてもらい、焼成した後に魂入れ、境内に飾ります。境内の景観に馴染むよう、控えめな色味に。お守り・おみくじに続き、絵馬で金屋神社の頒布品が3種類揃いました。
企画をした年には、受験を控えた波佐見中学校3年生全員に願い事を描いてもらい奉納、卒業前に思い出の品として返却しました。